TOPページ 高砂市民病院の概要 院内活動のご紹介 高砂市民病院オープンカンファレンスのご紹介

高砂市民病院オープンカンファレンスのご紹介

高砂市民病院オープンカンファレンスをご存知ですか?

当院では、地域のみなさまへよりよい医療を提供するために多職種連携を密にして関わらせて頂いています。
高砂市民病院オープンカンファレンスは、様々な職種の医療従事者が「お互いを知り・認め合い・部門を越えた協力体制の強化」を目標に活動しています。 毎月第4木曜日17時30分から約2時間、ひとつのテーマに沿って色々な職種が集まり勉強しています。また毎回、近隣の関連医療施設や医療従事者の方々にも参加していただいています。
共に学ぶことで地域医療のレベルアップに貢献していけるよう知識、技術の研鑽に努めています。

2020年9月24日(木) 院内発表会を開催しました

この院内発表会は、様々な職種の院内職員が、それぞれ担う業務や取り組みについて講演するもので、そこで他の職種のことを知り、情報交換や連携を深めることなどを目的に開催してきました。今回は先月に引き続き新型コロナウイルス感染拡大を受け、従来よりも規模を縮小し、感染対策を行ったなかでの開催となりましたが、幅広い職種の院内職員が参加しました。

【今月の内容】

講 演1:活性型ビタミンD3製剤投与中の血清カルシウム値の評価率と高カルシウム血症の発生率
薬剤科  薬剤師  白木 幸子
講 演2:「透析患者のTを探そう」 
臨床工学室  臨床工学士  塩井 隆也
講 演3:「訪問看護ステーション開設1年のあゆみ」
訪問看護ステーション  所長  小野 智子
講 演4:「病棟ディサービスの奇跡×軌跡」
4階東病棟  看護師  原 はる

【講演1】

骨粗鬆症治療のため活性型ビタミンD3が処方されている高齢者のなかには、長期間、血清カルシウム値や腎機能の確認がされないままになっている症例もあるため、実際の評価率や高カルシウム血症の発症率について確認を行い検査していく必要性について、発表がありました。          

【講演2】

透析患者さまの中には、食事が摂取しづらくなった等の理由で、低栄養になりやすいことがあるため栄養スクリーニングを行い、低栄養を改善していく取組みについて、発表がありました。

【講演3】

高砂市民病訪問看護ステーション(病院併設型)が令和元年6月3日開設されてからの1年のあゆみについて、発表がありました。今回はその詳細について紹介しました。

【講演4】

急性期治療が終了し、在宅・施設への退院調整の必要な患者さまが、安全・安楽に療養生活に移行するための環境づくりとして試みた、病棟デイサービスの実施ついて、発表がありました。

後に、副院長の渡部宜久先生のあいさつで、9月の院内発表会は閉会となりました。

2020年8月27日(木)院内発表会を開催しました

 この院内発表会は、様々な職種の院内職員が、それぞれ担う業務や取り組みについて講演するもので、そこで他の職種のことを知り、情報交換や連携を深める ことなどを目的に開催してきました。今回は新型コロナウイルス感染拡大を受け、従来よりも規模を縮小し、感染対策を行った中での開催となりましたが、幅広い職種の院内職員が参加しました。

【今月の内容】

講 演1:「緩♡ONE TEAM」
      緩和ケア内科 看護師 上床 里美
講 演2:「造影検査の対応と対策」 
      中央放射線室 放射線技師 谷 洋平
講 演3:「中央検査科の検体検査における精度管理の取り組み」
      中央検査科 検査技師 片山 寿貴
講 演4:「物忘れ外来で行っている認知機能検査の実際」
      リハビリテーション室 作業療法士 多田 知史

【講演1】

緩和ケアは、主にガン患者さまの痛みや不安などの苦痛を和らげるために行われる治療やケアのことをいいます。
当院緩和ケア内科はONE TEAMの言葉のとおり、院内の多くの職種と連携し、患者さまにとって一番いい医療を提供することで、患者さまが最期まで自分らしく生きるためのサポートをしています。
本講演ではその一環として、医療用麻薬やリハビリに関して薬剤科やリハビリ科と連携していることを紹介しました。

【講演2】

中央放射線室では、体制の変化にともない、各検査の運用方法が変わりました。患者さまが安心して検査を受けられるような仕組みになっています。
今回は造影検査に注目して、主に造影剤による副作用の対策や緊急時の対応方法について体制を整備したことを紹介しました。
患者さまの安全のため、今後も検査のための確認(アレルギーなど)を注意深く行いますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

【講演3】

検体検査とは、血液や尿など、患者さまの体から採取したものに行う検査のことです。
そしてその検査が安定して、正しい検査結果を出すためのチェック業務を、精度管理と呼んでいます。
中央検査科では、血液検査やPCR検査など、多種多様な検査機器に対して精度管理を行っています。
また、日本臨床衛生検査技師会などの外部機関による調査でもその精度は認められています。
                     今回はその詳細について紹介しました。

【講演4】

当院には「物忘れ外来」があり、物忘れや認知症のことで相談にこられた患者さんに対して、医師による診察や脳の画像検査、そして認知機能検査を行っています。
認知機能検査は、いくつかのテストで客観的にチェックしたり、患者さまやご家族から日々の生活状況の聞きとりをしたりして、作業療法的な観点も交えて報告書をまとめています。
今回はその詳細な流れについて紹介しました。

最後に永田院長の挨拶で、8月の院内発表会は閉会となりました。

過去の院内発表会

 2020年度
 2019年度
 2018年度
 2017年度
 2016年度
 2015年度
 2014年度