リハビリテーション科

リハビリテーション科紹介

当科では、お子さまからお年寄りまでの幅広い方を対象とした理学療法・作業療法・言語聴覚療法を実施しています。患者さまの多様なニーズにお応えするために他科と連携して専門外来も開設しています。

人員配置

医師
1名
理学療法士
9名
作業療法士
2名
言語聴覚士
1名、非常勤3名

理学療法

理学療法では、筋力や関節可動域、痛みの改善を図り、「起きる・立つ・座る・歩く」などの基本的な動作を行うことを目的に、運動療法を実施しています。入院患者さまには、これらの動作を獲得して一日でも早く退院できるように取り組んでいます。屋外にはリハビリ庭園を完備しており、四季を感じながら歩行練習等のリハビリテーションを受けていただけます。
外来においても、膝が曲がらない、肩が挙がらないといった手術や薬が適応でない症状に対する治療を行っています。ご希望の方は各科診察にてご相談ください(理学療法の実施には、医師の指示が必要です)。

リハビリ庭園
小児科理学療法
リハビリ庭園
小児科理学療法
対象
骨折、変形性関節症、五十肩、骨粗鬆症、リウマチ、脳卒中、頭部外傷、脊髄損傷、脊髄疾患、神経筋疾患、外科術後、肺炎、その他入院による廃用症候群。

作業療法

作業療法では、身体・精神・認知機能に何らかのお悩みがある方に対し、作業活動(折り紙、編み物、園芸、物づくり、レクリエーションなど)や生活行為(食事、トイレ、お風呂、仕事、家事、趣味)の手法を用いて治療を行っています。
作業療法を通して、身体機能の回復だけでなく、患者さまが笑顔で自分らしい生活を取り戻して頂けるように、「心」と「身体」の回復を大切にしたサポートを心がけています。
また、近年社会的に重要視されている認知症や軽度認知症障害の早期発見を目的に、もの忘れ外来での神経心理学的検査や脳ドック【ご案内_PDF】 での認知運動機能評価や生活指導も行っています。

リハビリ庭園
小児科理学療法
リハビリ庭園
対象
切断指、腱・神経切断を伴う裂創など手の外科疾患、脳卒中、認知症、骨折、リウマチ、脊髄疾患など、心身に障がいをお持ちで今の生活上に何らかの不便を感じておられる方

言語聴覚療法

言語聴覚療法では、「話す」「聞く」「食べる」ことでお悩みの方への支援を行います。検査・評価により問題の本質や発現メカニズムを明らかにした上で、必要に応じて訓練や指導を行っています。お子さまの言語発達障害や学習の問題に対しての支援も行っています。 

対象
脳卒中、高次脳機能障害、失語症、摂食・嚥下障害、音声障害、発達障害、言語発達遅滞、学習障害

各職種は、各種専門チームの一員として、専門領域を活かしたチーム医療にも取り組んでいます。

専門外来のご紹介

当科では、患者さまの多様なニーズにお答えするために専門外来を実施しています。お気軽にご相談ください。

Webサイトの一部を、PDFファイルで作成しております。 ご覧いただくためには、アドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、左のバナーリンクより最新版が無償で入手できます。